ウェルカムボーの役割

ウェルカムボードは、近年結婚式やレストランのエントランスに飾られる光景を目にすることが増えて一般的になってきました。

お花などが飾られた白いウェルカムボードを見ると、一目で『ここで結婚式をやってるのかな?』とわかるほどで、招待客から見ればわかりやすい目印でもあります。

しかし結婚式のウェルカムボードの役割は単に目印としてだけではなく、結婚式を主催する新郎新婦の個性を表現するという面もあるのだそうです。

新郎新婦の似顔絵を載せたり、二人の趣味や性格にまつわるモチーフを飾ったりして、招待客を楽しませてくれます。

また、その結婚式がどのような雰囲気のものなのかを連想させ、会場に入る前に招待客の期待を膨らませることもできます。

さらに両親や友人たちへの感謝を表すボードとしても活用できますし、結婚式が終われば思い出深い記念品として自宅に飾ることもできます。

新居に飾ることを考えれば、新居のイメージに合わせたウェルカムボードを作製しても良いかもしれませんね。

ウェルカムボードの起源は決してこのような形ではなかったようですが、時間をかけて少しずつ変化していったようです。

このように、様々な役割を果たしてくれるウェルカムボードは、これからもずっと親しまれ、進化し続けていくのでしょうね。